ハンドケアエッセンス

シルクの力を信じた、手肌のためのエイジングケア美容液

プロの声をかたちにし、純粋に使いたいと思える商品を開発。
国産天然由来成分を配合。
毎日がんばる手に潤いと柔らかさを届けたい。
与えるだけの保湿から肌本来の機能を大切に考えたシンプル処方へ。
1ランク上の保湿力を保ちます。

容  量30ml
使用方法適量(目安1~2プッシュ)を手にとり、手肌全体に優しく馴染ませてください。
成分水、プロパンジオール、グリセリン、タマリンドガム、加水分解シルク、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、イロハモミジ葉エキス、ヤエヤマアオキ果汁、セレブロシド、BG、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na、ラベンダー油、カラメル
開発背景と概要手肌のことを考えた、今注目の国産4成分を配合。近畿大学薬学部との産学連携により生まれた化粧品です。
フェザー株式会社では、長年にわたりウィッグなどの商品を開発・販売することで、多くの女性にお喜び頂いていますが、今回、より多くの皆様に今まで以上に喜んで頂けるように、髪だけでなくお肌に嬉しい化粧品開発を進めてきました。
そしてこの度、近畿大学との共同研究が実を結び、ハンドケアエッセンスの商品化に成功しました。
特徴
  • 加水分解シルク(保湿)
    シルク(セリシン)のアミノ酸組成は、人間の肌の天然保湿因子(NMF)と非常に良く似ているため、肌に馴染みやすく、また、セリシンには「セリン」と呼ばれる保湿効果の高いアミノ酸が30%以上も含まれており、保湿成分として知られています。
  • セラミド(保湿)
    細胞間脂質の約50%以上をセラミド(セレブロシド)が占めています。また、水分をうまくキャッチする形をしており、水分を保持して蒸発を防ぐといわれています。
  • 近畿大学製コラーゲン(保湿)
    養殖マグロなどで注目を浴びている近畿大学では、水産にまつわる様々な研究が行われています。中でも魚から抽出されるコラーゲンは、美容や食品分野などに利用可能な素材で、近畿大学は世界から高い評価を得ています。
  • ヤエヤマアオキ果汁[ノニ](整肌)
    ノニは、広く沖縄以南の海岸地域に分布しています。花序、果実、若葉を食用として利用しています。
  • イロハモミジ葉エキス(整肌)
    イロハモミジはカエデ科の植物で日本では庭園などに最もよく植えられています。日本の秋を代表する植物です。
TOP